俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

自分がぶれる原因を考えれば、あなたはネット依存から抜け出せる&彼女大募集第3号

ぶれるとは、自分が信じて決めたことに疑いが出たり、

色々な方法に興味がうつってしまう状態です。

信じていることを信じ抜くことができない心理状態です。

 

では、なぜ人はぶれるのでしょうか。

その原因を考える前に、ここでは人間の「意志」を除外します。

なぜかというと、そういったものは捉えどころがないからです。

すると、まずその原因として考えつくのは情報です。

テレビ、ゲーム、ラジオ、漫画、映画、本、ネット、新聞、チラシなどの情報です。

健常者はまず視覚を頼りにして情報を入手します。

人は視覚なしでは生きていけません。

とすれば、ぶれる原因は視覚にあります。

 

ならば、「視覚」について考える必要があります。

以前テレビで、一流の分野の達人を取材した番組がありました。

その達人たちの多くが、「そのものの立場になる」という考えをもっていました。

おいしいあんこを作りたいなら「あんこに聴く」。

おいしい日本酒を作りたいなら「米に合わせる」。

 

では、目の立場になって考えて見ましょう。

私:目さん、ぶれない為にはどうしてほしいですか?

目:その前に、俺の愚痴を聞いてくれ。

俺は怒っている。俺にはいつも必要のない情報ばかり飛び込んでくる。

現代は俺にとって過酷過ぎる。

私:具体的にはどんなことですか?

目:一言で言えば、現代は誘惑が多過ぎる。

だからまず、俺を誘惑してくるような環境を改善してほしい。

私:誘惑になる情報を近づけないでほしいということですね。

目:そうだ。遮断してほしいんだ。意志に頼るんじゃなくて、環境をまず変えてほしい

んだ。情報を見ないのではなく、見えないようにする。まず、物理的に対処してほし

い。

私:分かりました。変えるべきは環境ですね。

 

このように目は考えているかもしれません。

ネット依存も同じです。

意志の弱さを原因とすることは一旦やめて、物理的な面から対処することが優先です。

言い換えれば、脳ではなく、身体の立場になってみるのです。

例えば、家の横から女湯が見えたら、私だって見てしまいます。

今は、自分がいる環境が「目」にとって異常だと思えばいいです。

誘惑だらけの社会だからこそ、身体の一部である目の気持ちになってあげましょう。

 

以上、これにてOK牧場です。

※引き続き、彼女大募集中です。石川県金沢市は住みやすいよ~(^^♪