俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

ダラダラネットしていると、なぜ時間が速く過ぎていくのか?

f:id:for-sence:20180913193427j:plain

ネットばかりしているとすぐに時間が過ぎる。

自分自身の経験からその理由を考えてみた。

 

時間が速く過ぎる主要原因は以下の6つである。

・選択肢が無数にあって何でも選べる

・することが多くて焦っていて、することを絞れていない

・大事なことの後回し、小さなタスクを溜める

・人と比較し過ぎて楽しむ気持ちがなくなる

・物事に掛かる時間を把握できていない

・四六時中スマホやPCをいじる

・目的がない

 

1:自分が本当にしたいこと、すべきことを後回しにしている

自分にとって大事なことを避けていると、時間は速く過ぎる。

 

2:やることが多過ぎてストレスが溜まる

何をすべきか把握せずに、漠然と「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と焦ると時間は

速く過ぎる。

 

3:無数の選択肢がある

ネットの世界は情報の食べ放題みたいなもの。

食べ放題に行くと腹を壊しやすいように、ネットでも時間感覚が壊れる。

自分を制限するものがないことは逆によくない。

 

4:デジタルツールが人間の時間感覚を狂わせている

ネットでいつも情報に接していると人間の時間感覚は狂う。

先日日経新聞に「スマホを見るだけで集中力が低下する」と書いてあったが、

情報過多によるストレスが叫ばれてきたのはみんながスマホを持ち始めてからだ。

ネットが台頭してきて、時間が速く過ぎる感覚が生まれた。

世の中がめまぐるしく変化しているからストレスが増えたわけではない。

四六時中、ネットで(無駄な)情報に関わってばかりいるから時間がなくなる。

 

5:他人との競争意識が強すぎる

過剰な競争意識はその物事を楽しむ気持ちをなくす。

そのことが時間感覚を狂わせることに大きく関係しているのは間違いない。

 

6:目的がない

真剣に目的を持ってネットをしていると2時間ぐらいで結構疲れる。

本来これが正常な感覚だ。

 

7:自分がすべきことに掛かる時間を把握できていない

自分が頭で思っている時間と、実際に掛かる時間は違っていた。

たとえばトイレ掃除が面倒だと思っていても、一人暮らしの俺だと実際は5分程度で終

わった。

毎日の皿洗いも10分あれば十分だった。

こういった時間を知らずに、ただただ面倒だと思っていると、なぜか時間は速く過ぎて

いった。

大事なことや日常の小さいことを「溜めれば溜めるほど」時間は速く過ぎていく。

 

俺は「時間に追われていた」のではなく、実際は「時間から逃げていた」。

時間から逃げるから時間が見えなくなっていた。

やはり、ネットは危険だ。

こんな危険なものを使いこなせる人間がたくさんいるとは思えない。

 

以上、参考までに。