俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

ネット依存から抜け出して2年。やっと自分の目標に向かって行動できました

f:id:for-sence:20180904150705j:plain

8/31の金曜日、アドセンス専用ブログ「秒速で読めるTED」になんとか1記事投稿

できました。

以前、8月以内に投稿しなければ「ブログ読者に罰金を払う」という記事を公開した

だけに危なかったです。

今まで何度もやろうやろうと思っていたことをようやく行動に移せました。

重い重い腰がやっとのことであがりました。

 

そもそも私がネット依存から抜け出したのは、ネットから完全に離れるためではなく

て、ネットをうまく活用していくためでした。

その活用の一つとして、グーグルアドセンスでお金を稼ぐアイデアが頭に浮かんだので

すが、今までずっと放置してきました。

 

ネット依存から抜け出したのはいいものの、自分が真剣になるべき目標に対しては行動

できていませんでした。

自分の本当に大切な目標に向かって行動できるまでに1年以上経ちました。

私にとって、自分と向き合って、自分に本当に必要なことに一歩踏み出すことはとても

勇気のいることでした。

 

今日、ようやくそれができました。

1年以上かかりましたが、やっと小さな小さな一歩を踏み出すことができました。

 

私がこのブログのほかに運営している「秒速で読めるTED」は、TEDという教養サイト

がネタとなっています。

このサイトでは、ありとあらゆる分野に関する専門家の講演動画を無料で観ることがで

きます。

「秒速で読めるTED」は、私がこの動画を極限まで訳して、時間がない人に1~2分程

度で読んでもらうことを目的としています。

 

あるブロガーによると、グーグルアドセンスで稼げるかどうかは「結局やめるか続ける

か」だそうです。

多くの人が途中でやめてしまったり、ブログに人が集まる工夫をしないそうです。

私はブログを続けていくために「そうせざるを得ない環境」を作りました。

ブログを更新しなかったら、読者に罰金を払うという仕組みです。

それは「目標を人に言って、逃げ場をなくす」ということでもあります。

ネットを解約したときのように、私は環境要因を改善するとうまくいくタイプな感じが

するので、これでやっていくことにしました。

 

アドセンスですが、この市場はもう飽和状態のイメージがあります。

ただ最近はグーグルのサイト検査が厳しくなってきたので、本当に良質なサイトしか生

き残れなくなってきているのも事実です。

逆に言えば、本当に価値のあるサイトは長期的には評価されます。

諦めるのはまだ早いのです。

 

私の今回の一歩はとても小さなものですが、これからも少しずつ亀の歩みで前進してい

きます。

2018年、9月の私の目標は「秒速で読めるTEDに4記事投稿する」です。

 

読者のみなさんも、自分とネットとの関わりを考える時間を5分でもいいのでとってみ

てください。