俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

ダラダラネットをやめる一つの方法

結論から言うと、ネットで時間を浪費しないためには、

自宅のネットを解約して、スマホをガラケーに変えることが一番効果的です。

することはそれだけです。

 

私は今から3年ほど前、ネット依存から立ち上がるために

色々と試してきました。

  • 自分の目に見えない場所にパソコンをしまう。タイマーをセットする。

→何の効果もありませんでした。

  • フィルタリングソフトの「iフィルター」を買いました。

→パスワードを自分で解除してしまってダメでした。

  • パソコンの使用時間制限ソフト「パソコンねむねむPRO」を買いました。

→自分で解除する方法を見つけてしまってダメでした。

  • レジストリをいじる。

→自分で解除する方法を見つけてしまいました。

  • グループポリシーをいじる。

→自分で解除する方法を見つけてしまいました。

  • パソコンのセーフモードを起動不可能にする。

→再セットアップしてしまいました。

  • 複雑なパスワードを設定して、そのパスワードを書いた紙を山奥に埋めに行く。

→再セットアップしてしまいました。

  • 依存症の本を読んだり、人に相談する。

→心理的アプローチはほぼ効果がありませんでした。

 

上記の方法で、短期的な成果は出ました。

でも結局自分には、誘惑の対象が身近にあると、

どんな対策を講じても長期的には意味がなかったのです。

こうなると、自分に残されていたのは徹底した物理的対策です。

再セットアップディスクを廃棄するか、自宅のネットを解約するしかありません。

もしも当時、再セットアップディスクを捨ててしまえば、ネット解約をせずに済んだかもしれません。

ただその時点ですでに自分は、ネット環境がそばにあるだけでストレスになっていました。

 

ところがネット解約には時間が掛かりました。

私は「エッチなサイト」とさよならする決意が中々持てなかったのです。

おかしな話しですが、私が最後まで捨てられなかったのはスケベ心でした。

それでも私は何とか、ネットを解約しました。

自分にはこの方法しかなかったのです。

 

私の依存症は治っていません。現在でも自分から逃げてしまうことはあります。

でも逃げながらも、トータルでは右肩上がりの上げ下げの波を繰り返している感じがします。

ネット依存=情報のジャンクフード依存症です。

くだらないゴミのような情報を脳に詰め込みまくることです。

 

私はこの記事をたった一人のために書いています。

ネットを解約すると、意志の強いたくましい人間になれるわけではありません。

ネットがなかった頃の自分に戻るだけです。

おそらくネット依存になるほとんどの人は、

ネットがないというだけで「逃げながらも、少しずつ前進できる人」です。

とするなら「逃げ続けて何も前進していない自分」よりも、

「逃げながらも少しずつ前進できる自分」がマシです。

 

私は、ネットを賢く使いこなして、

スマホもないし、自宅にネットもないけど、

魅力のある人間になりたいです。

そんな人間になるには、

私とあなたが5年後、10年後に

「あのときネットを解約してよかったー」と言える人生を

自分で作っていかないといけません。

 

ネットがなかった頃の自分を思い出してください。

ぐうたらして行きつ戻りつつも、何だかんだでそれなりにやっている、

今よりずいぶんとマシな自分がいませんか?

もしその姿をほんの少しでも思い出せたなら、

あなたはネットを解約するか、

スマホをガラケーに変えほうがいいタイプの人間です。

することはそれだけです。

 

共に頑張りましょう。