俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

太りたくても太れない人が病院に行ってきた結果・・・

私は太りたくても太れないことがコンプレックスです。

そんなこと誰も気にしてないよと言われても、

185cm、体重60kgですが、

もう少し太りたいです。

 

そう思って今まであれこれ試してきましたが、

効果は一時的なものばかりでした。

 

たとえば筋トレ。

たしかに5kgほど増えました。

体重を増やすためのプロテインを飲んで、

週に2回の筋トレを一年間続けました。

そうして5kg太ったのですが、

やめるとまた元に戻りました。

 

やめた理由は、ジムでいかつい顔をしてダンベルを持ち上げることが嫌になったからです。

自分の体重を維持するために、この先ずっとジムでスクワットやベンチプレスを

していくことや、プロテインを飲んだり、がっつり食べまくらないといけないことも

ストレスになってきました。炭水化物の過剰摂取も身体によくないと思いました。

 

だからやめたのです。

 

でも私は諦めきれなかったので、原因は他にあるのではないかと思いました。

何事も成果を出すには忍耐がいりますが、

ものすごい重量物を扱う筋トレ以外の方法で、

もっと健康的に太る方法があるだろうと思ったのです。

 

まず私の場合、きちんと食べているのに体重が増えない。

ということは、自分が太らないのは栄養不足やカロリーの問題ではない。

だとすると、私が太らない根本原因は体質にあるのではないかと思いました。

 

そこで今日、内科に行って来たのですが、

私が太れない原因として考えられるのは

「胃腸が弱くて、栄養がきちんと吸収されていない」ことにあるのではないかと

言われました。

また、問診で下痢しやすいかどうか聞かれ、

小麦に入っている「グルテン」で下痢する場合、

パンや麺類はやめるように言われました。

 

そして、主治医に以下のアドバイスを受けました。

 

1:砂糖やお菓子を控える

2:カフェイン・アルコールをやめる

3:小麦粉を使ったパン・麺類をやめる

4:ご飯などの糖質を過剰摂取しない。その分おかずに力を入れる

5:食品添加物を控える

 

そのあと、食べたほうがいい食品や漢方薬の処方を受けました。

主治医曰く、太りたくても太れない人が太るようになるには

年単位の日数がかかると思ったほうがいいと言われました。

 

今日の私の通院で思ったことは、

太れない理由の原因は何か分からなくても、

「筋トレ」や「がっつり食べる」という手段を最初に

しなくてもいいということでした。

 

そういう手段をとるよりも先に、

自分が食べたものがきちんと身体に吸収されているかを

考えたほうがいいと分かりました。

 

そのことが分かっただけでも、今日通院したことは

とてもよかったです。

 

巷に溢れる太るための情報は、

大抵「筋トレ、プロテイン、とにかく炭水化物をとりまくる」

などですが、こういうものは素人が書いたものです。

さらにプロテインなどのアフィリエイト目的も兼ねていますから、

まずは医者に行ったほうがいいでしょう。

もちろん医者も商売ですから、医者の処方を受けても太らない可能性は

あります。

 

でも、太りたくても太れない人がまずすることは、

筋トレやプロテインではないと思いました。

炭水化物を食べまくることでもありません。

 

それよりも、自分の胃腸にまず目を向けて、栄養がきちんと摂取されている

どうかのほうが大切でした。

また自分の食生活を見直すことも必要でした。

 

私の太るための第二の行動は始まったばかりです。

ですが正直言うと、

太るために色々な食品をやめてまで太る必要があるのか考えました。

お菓子とかパンや麺類をやめたら、食べる楽しみが減るなぁと

思いました。

 

「ガリガリでもいいじゃん」って思いました。

 

ですが成果を出すには、やはりこういう犠牲が必要なんだと思いますし、

これでダメだったら私はもう太ろうとすることをやめると思います。

 

もし漢方薬などを数年飲み続け、食生活に気を配っても太れなかったら、

私はこのままで生きていけばいいやと納得できると思うのです。

 

だから私は、今日から内科への通院をとりあえず一年ほど続け、

お菓子や小麦食品をやめます。

 

ちなみに、主治医が

「小麦食品などをたくさん食べて下痢しやすい人は、

太ることが難しい」と言っていましたが、

おそらく私は小麦をたくさん摂ると下痢するタイプです。

グルテンが多く含まれる食パンやパスタを食べ過ぎると腹を壊します。

 

まぁ先行き危ういですが、それでもやれるだけやってみようと思います。

やるだけやれば、その結果がどうであっても、

自分のコンプレックスに折り合いがつくと思うのです。

 

あなたも太れなくて悩んでいるなら、

まずは、太りたくても太れない人の意見をきちんと聞いてくれる

病院に行くことです。

 

筋トレ、プロテイン、各種サプリメントなどに手を出すのはその後です。

まずは栄養がきちんと吸収されているか、診てもらいましょう。

 

そういえば昔のテレビで、首長族の世界では女性は首が長いほど美しいと

放送してました。だとすると首が短い女性は「首が長くなりたい!」

と思っていたことでしょう。

それと同じように世界中でガリガリが価値になれば、

私は日々太らないよう気を配り、コンプレックスにはならなかったでしょう(笑)

 

価値観なんてそんなものです。

 

でも人間はどこかの集団に所属する限り、

その社会の価値観に照らし合わせて自分の置かれた状況を見ようとするものです。

その意味で、人間は誰一人として、自分の所属する社会規範から完全に自由には

なれないと思いますし、何かしらのルールがなければその社会は機能していきません。

道路に信号がなければ、全くのカオスです。

だから、どんな人間も大なり小なりコンプレックスがあるのは

「ふつう」のことだと思います。

人と全く比較しないのなら、優越感も向上心もプライドも生まれないでしょう。

 

ですが、人間はそういった社会規範に縛られ続けながらも、

それを超えた視点で生きることができる動物です。

そもそも人間は、コンプレックスがあろうがなかろうが、

いま・ここに自分が存在していること自体が価値です。

ガリガリでもデブでもそれは変わりません。

 

私はそのことを信じているので、

コンプレックスに挑むのは、所詮自己満の世界です。

本人は深刻ですが、他人からみたら贅沢な悩みに見えることもあります。

でも、だからこそ自分が納得できるまで努力したほうが、

あとあとの人生に引きずらないと思うのです。

 

また、自分のコンプレックスを直視することは、

自分が所属する社会の価値観に対峙することです。

その価値を手にするのか、破壊するのか、折り合いをつけていくのか、

それは人それぞれですが、人生にはそういう時期が必要だと思うのです。

その経験が生きる力とか個性とかに繋がっていくはずです。

 

まぁ、長くなりましたが「体重アップゲーム」だと思って、

気長にやっていこうと思います。