俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

2018ロシアワールドカップ日本代表を振り返って・・・

いやぁー、ワールドカップ日本代表負けましたね。

ベルギーに逆転負けして2-3で幕を閉じました。

正直、心の整理がまだついていません。

2点差がついた時点で、僕の心はもうベスト8進出でした。

 

それがどんでん返しの歴史に残る逆転劇で、惜敗です。

ベルギーにとっては最高に歓喜した試合だったでしょう。

僕は後半ロスタイムに、

ベルギーのカウンターでゴールを決められた瞬間にテレビを消しました。

 

ボロ負けならまだしも、ああいう負け方だと

本当に心がポカンとしましたね。

 

人間はものすごい刺激や予想外のことが起きると、

心の感情的な機能が一時停止するのではないでしょうか?

僕は今も少しだけポカンとしています。

魂が少しだけ抜けているというか、そんな感じがします

 

にわかサッカーファンですが、

日本サッカー界の歴史が変わる瞬間を目撃したかったです。

 

PKでも、CKでもFKでもない、ましてやコロンビアのように、

相手が10人でもない状況から、

原口、乾のゴールが決まったことはものすごいことだと思います。

 

選手たちの、自分たちでも驚いているような顔付きが印象に残っています。

「あれっ、ゴール入っちゃった!?」ってな原口の顔。

乾の「もう日本楽勝でしょ!?」的な喜び方。

 

でもダメでした。

これがスポーツ最高峰の世界なのでしょう。

日本代表チームの選手たちは、

小学校~大学まで、周囲からずばぬけて優れた評価を受けてきた選手を結集して

作られていると思います。

彼らの背後には「選ばれなかった膨大な人々」がおり、

代表選手は、プロ中のプロから選び抜かれた優秀選手ばかりです。

けれどそんな精鋭軍団を集めてもダメだったのです。

いかに勝負の世界はすごいのか分かりました。

そして、レベルの高い世界で揉まれることの大事さも分かりました。

 

サッカーは競技人口がとても多く、

メジャーなスポーツだけに競争も過酷です。

でもその分、そこに渦巻く喜怒哀楽の人間ドラマもダイナミックです。

 

昨今、ブルーオーシャンとは言いますが、

やはり競争相手の少ない分野っておもしろくないと思うんですよね。

もちろん、そういう分野はお金稼ぎで狙う分には最高だと思うんですが、

それ以外では僕はあんまり魅力を感じません。

 

たとえばオリンピックのカーリングとか

なんの興味もなかったです。

スケートも興味ないし、競歩も興味ない。

フェンシングも馬術も興味ない。

 

そういうマイナーなスポーツは個人的に

ほとんど興味が沸いてこない。

(これは自分もそうなんですが)競争相手の少ない分野に目をつけて

目立とうとする下心ってあんまり感心しないと思いませんか?

なにかそういう下心が透けて見えるというか・・・

 

マイナー分野の各種大会に出たりして、そこで表彰され続けると、

競う相手がほとんどいないから新聞や雑誌に掲載されたり、

大会などの「代表」に選ばれたりすると思うんですが、

そういうことって「すごいこと」じゃないと思う。

そういう手段で自分の優位性や魅力を高めようとする人って、

偉大な人という感じはしない。

 

たとえば、髪とか爪を伸ばし続けたギネス記録保持者とか、

頭に牛乳瓶を世界一長く乗せていた男とか、

ホットドッグ早食い選手権とか、そんなんどうでもいいんですよ。

 

話しが逸れましたが、

今回の日本代表は本当に残念だった。

でもそれと同じぐらい良かった。

 

周囲にチヤホヤされて競争の世界で勝ち続けてきた人が

日本全国から結集しても、

まだ世界には上がいるって恐ろしい世界なんだと感じました。

 

こういう時、人は自然に謙虚になるのだと思います。

 

でも、どんな物事も最初はマイナーなことだったことを思えば、

ブルーオーシャンの世界で頑張る人も

すごいのだと思います。

 

「俺がこんな競争相手の少ない分野で一位になれない方がおかしい」

って思う人が増えれば増えるほど、

人気は増えていくのかもしれませんね。

 

サッカーも「ボールを蹴ってゴールに入れればいいだけだろ。そんなの簡単だ」

と思う人がたくさん出てきたから今があるのかもしれません。

 

以上、今日はこんな感じでOK牧場!

 

追伸:僕は4年後の2022カタールワールドカップまで、

精神的にどれだけ辛い状況になっていたとしても、

日本代表の戦いを観るまでは、少なくとも自分から死んだりしません。

 

その意味で、今回の日本代表は僕があと4年間生き残る

理由を与えてくれました。

2022年のワールドカップまでなんとしてでも生きていよう。

そう思わせてくれました。

 

ありがとう、日本代表。

そして優勝しろ!ベルギー!!

 

2022年、次はテレビじゃなくて、カタールまで観に行きます!

ちなみに僕は家にテレビがないので、

ベルギー戦は「DVD鑑賞」ができるいかがわしいお店で観ました。

淫らな誘惑が多かったですが、下半身の運動はしていません(笑)

僕はあくまでサッカー選手がドリブルで相手を抜く姿を見ていただけです。

僕自身は抜いていません。オウンゴールは決めていません!(笑)

4年に一度の祭りで、んなことしてる場合ではありません。

魂、情熱、闘志、誇り、そういったあついものは時として性欲を超えるのです。

 

7月7日時点、僕のオナ禁の記録は早くも40日を達成しました!