俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

コーチングを使って、スマホ依存の人を説得してみた結果・・・

今日コーチングの本を読んでいた。

コーチングというのは人間のタイプを4種類に分け、

タイプ別にあったコミュニケーション方法をとって、

人間関係を円滑にしたり、その人の持ち味を生かしていく理論だそうだ。

 

タイプは以下の4つある。

1:コントローラー C

2:プロモーター  P

3:サポーター   S

4:アナライザー  A

 

それぞれをものすごく大雑把に説明すると・・・

1:コントローラー

人から指図されることを嫌い、競争心が強く、ほめ言葉を必要としない。

一番の特徴はスピード感を求めるところ。社交辞令や長ったらしい前置きを嫌い、

結論を真っ先に求めるところがある。

 

2:プロモーター

会社の中では、とにかく自分が主役じゃないと気に入らない。

お世辞にものすごく弱く、大げさに褒められると喜ぶ。

アイディアや創造力に長け、うだうだ考えずにまず行動にうつそうとする。

また、生き生きとした未来の構想などを話すと、

その実現に向かって胸躍らせて張り切る。

 

3:サポーター

とにかく他人と協調して目的を達成することを好む。

他人との合意を確認しながら物事を処理していくことを望み、

仕事や成果よりも人間関係を重要視する。

このタイプは日本人に多い。

 

4:アナライザー(俺のこと)

分析的思考で、慎重である。色々な情報を収集し、それをよく検討してから、

ようやく行動にうつす。まじめで無口な面があり、

緻密な計画や戦略を構想するのが得意。

先行きが見えないことやその場のノリで物事が進む事をかなり嫌う。

短所としては分析に時間をかけ過ぎ、

あれこれ考えすぎてせっかくのチャンスを逃すことがある。

 

これらを参考に、スマホ依存から抜け出すための

プレゼン記事をタイプ別に書いたらどうなるだろうと思い、

今日せっかく本を読み終えたので、アウトプットも兼ねてやってみた。

 

【コントローラー】

結論から言うと、スマホ依存を放っておくとあなたは廃人になります。

ネットをずっとしていると、脳内のドーパミンが過剰に放出され、

ネットをやめた途端、その反動としてドーパミンが枯渇します。

その結果、ハイな気分からうつの気分に急降下し、これが繰り返されると、

あなたの神経細胞は傷だらけになっていきます。

そうなるまで放っておいていいのですか?

やめるなら今が一番です。

ここでやめなければ、あなたが最も嫌う最悪の状況がこの先の未来に待ち受けています。

あなたが望まないすべてがこの道の先にあるのです。

 

【プロモーター】

あなたは自分がネット依存症だと知っていますよね。

ではなぜそこから抜け出そうとしないのですか?

ネット依存を克服した先の未来を、あなたは想像したことがありますか?

ネット依存から抜け出し始めると、

まず日常のささやかな幸せに気づくようになります。

そして時間もゆるやかに流れ始め、ネットサーフィンをしていたときに、

砂のように過ぎた時間が嘘のように感じます。

また、食事もしっかり摂るようになり、部屋の整理整頓も進み、

規則的な生活が戻ってきます。

それに伴って、ポジティブな感情が増え始め、新しいことに挑戦したり、

自分の目標に向かって努力する姿勢になってきます。

「今までなんでネットにあれほど没頭していたのだろう?」

と思うほど昔の自分が滑稽にうつり、

心底スマホをやめてよかったと思うようになります。

もちろん多少の離脱症状は覚悟しなければならず、

ネットをしなくなると自分と向き合わなければならない時間がやってきます。

それでもネット依存から抜け出した先にあるのは、

今よりはるかに充実した未来であることは間違いありません。

何も完全にネットをやめる必要はありません。

ネットを賢く使い、自分の人生に有効活用できる技術を磨くのです。

なぜかというと、これからデジタル全盛時代を迎えるにあたって、

スマホやネットと適切に関われることはかっこいいことになっていくからです。

ネットで暇つぶしをしないことや時間を浪費しない人はかっこいいと

思われるようになっていくのです。

あなたもそんな人を目指しませんか?

 

【サポーター】

最近調子はどうですか?もうじき夏本番ですね。

フルーツや野菜がたくさん実る季節になってきましたね。

ところで今日はあなたに大切な話しがあるのですが聞いてもらえますか?

昔からあなたは周囲と摩擦が起きないよう、

なるべく誰も傷つかないように配慮ができる優しい人でしたね。

そして誰よりも周囲との協力や、合意を大事にするところがあります。

でもあなたは今、自分を一番傷つけている事を知っていますか?

あなたの一番の長所が、今は短所として機能してしまっています。

周囲の意見を大事にするあまり、自分の気持ちがおろそかになってしまっているのです。

周囲の人たちを不快にさせないようにすることは大切なことです。

自分も他人も幸せになれるなら、それに越したことはありません。

 

けれど周囲が間違っていて、あなた一人の考えが正しいときもあるのです。

言い換えれば、あなたの行いや考えが、みんなに合っていなくても、

あなたには合っているときがあるのです。

だから、みんながスマホを持っているから、自分も持つ必要はありません。

時間をダラダラ浪費して、スマホが自分に合わないと思うなら、

ガラケーにしてしまっていいのです。

どれだけあなたが周りの人の意見を大事にしても、あなたはどこかの誰かにはなれません。

あなたはこの世界にたった一人しか存在しないのです。

 

だとすれば、あなただけにしかない気持ち、

あなただからこその気持ちがあっても少しもおかしいことではありません。

むしろこれからはそれを大事にして生きていって欲しいと私は思います。

最後に少し小難しい話しをさせてください。

あなたはサルトルという哲学者を知っていますか?

第二次大戦中、フランスで活躍した人です。

彼はこのように言います。

 

「人間に本質などない。人間は自由の刑に処されており、

否が応でも選択しなければならない状況に立たされている。

人間は選択の蓄積によって自分自身を創っていくのである。

人間の未来は、人間が絶滅するその瞬間まで分からない」

 

私はこの「人間の未来は、人間が絶滅するその瞬間まで分からない」

という言葉が一番好きです。

 

あなたはどう思いますか?

自分がネット依存であり続けることを常に選択し続けていると

思いますか?

もしそう思うなら、次の瞬間、あなたは全く違った選択ができます。

 

【アナライザー】

君は知っているか?

いま、世界中でネットゲーム依存症が病気として認められようとしていることを。

賢明な君ならこれが何を意味しているか分かるだろう。

そう。もしネット依存やスマホ依存が認められれば、

デジタルツールが人間に与えている影響についての研究が、

これから本格的に始まるってことだ。

いや、それ以前にも、ネット依存に関係した対策は世界で徐々に進んでいる。

たとえば中国は、子供がネットゲームにログイン出来る時間帯が規制されている。

あるいは長時間ゲームし続けて経験値を得ても、

レベルが下がったりする設定のゲームソフトも出てきたそうだ。

日本でも、「スマホ断食」なる言葉が少しずつ見られるようになってきた。

また、フィルタリングソフトを提供している「デジタルアーツ」という会社の株は

うなぎのぼりで上昇中だ。

 

さぁ君はどうする?

まぁ安心したまえ。僕も君と同じタイプで中々決断できなかった。

迷って苦しんでようやくネットを解約できたんだ。

だから急ぐことはない。

ゆっくりゆっくり考えればいいと思う。

僕はどちらを選択しろとは言わない。

でも最後は自分で納得して決断しないといけない。

ネット依存であり続けることを選択したなら、そのことに自信をもってほしい。

自分が破滅しても、その責任はすべて自分にあるという覚悟をもってほしいんだ。

そういう生き方を最後まで貫徹してほしい。

 

 

てな感じで書いてみたが、

コーチングの理論はあながち間違っていないと思う。

少なくとも、人によってコミュニケーションの方法を変えることで、

人間関係が進展することはあるのではないかという気がした。

少なくとも血液型占いより1000倍マシな気がする。