俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

【モテない原因探求クラブ】1:唇を噛む癖を治す

人はモテない原因を改善したからといってモテるわけではない。

人間は多様な価値観があるので、ある人が「これが原因で自分がモテない」

と思っていたとしても、他の人にはそれが魅力として映ることもある。

 

だから今日から始めるこのシリーズは、

完全な自己満足である。

そのことを断っておく。

 

では始めよう。

 

まず俺はかっこいい男になりたい。

そして、少しでいいからモテたい。

俺は今日まで30年近く異性とほぼ縁がなかったから、

自分から行動しなければこれから何の変化もないのは確実。

 

でも、現在こういう状態にあるのは、何かしらの原因があるからだろうと思う。

これだけ山ほどの異性がいるのに、まともに女性と付き合ったことがない。

これはどうみても自分にその原因がある。

だから、これから俺はその原因をひとつひとつ探して、潰していく。

つまりほんの少しでもいいから、異性をGETする可能性をあげていきたい。

 

そのことを考えていたら、俺にはみっともない癖があると最近分かった。

それは唇を噛む癖である。

 

俺は今まで何気なく人前で唇を噛むことがあったが、

どうやらその行為は、人に未熟で幼稚な印象を与えるようである。

俺は今日まで、主に不満のとき、

唇の皮膚を噛みちぎってモグモグしていたが、

今後この癖は断固やめることにする。

 

唇を噛む癖がダサいと思わない人もいるだろう。

でも俺はこの癖を治していく。

 

俺はこれからかっこいい男になるために、

唇の皮膚をモグモグしない。

時にはモグモグする日もあるかもしれない。

でもこの癖が治るまで踏ん張り続ける。

 

思えば、昔の俺には道端に唾を吐き散らす癖があったが、

これはモテない原因だろうと思い、やめることができた。

むろん、この癖が治ってからモテ始めたわけではないが、

かっこいい男に少しは近づくことができたと思っている。

 

だから、唇をモグモグする癖を治して、

また一歩かっこいい男に近づきたい。

 

そういえば、映画「七人の侍」の中で、三船敏郎が演じる菊千代が

野武士から村を守るため、村人に戦いの指導をしている場面を思い出した。

その場面では、そこにいた一人の村人が唇をモグモグしているところを

菊千代に怒られ、見物していた子供たちにも笑われていた。

とすると、唇をモグモグする癖はやはりかっこいいとは言えない。

 

映画から学ぶこともあるものである。

 

ということで、俺は唇を噛む癖をやめる!

モグモグを卒業する!