俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

今年の昇給額に思うこと。

20代、俺は社会不適合だった。

そして精神的に不安定であり、他人や世間や親との間でずいぶんと葛藤し、

息苦しい日々が多かった。

 

けれど30歳にして何とか正社員の仕事に就き、

「今のところ」は勤続できている。

 

そして今日、2回目の昇給があった。

入社一年目は¥1,200。今回は¥5,300。

これが多いか少ないかは人それぞれの感覚だと思う。

けれど、俺は少ないと思った。

 

もちろん昇給するだけありがたいという考えもある。

雇ってもらえているだけありがたいという考えもある。

でも、もし俺がこのままこの会社に10年勤続したとして、

高卒40歳での月給を計算したら約20万円だった。

 

40歳で月給20万である。一年で360万円とボーナス4か月分の70万で、

俺の40歳の年収は430万だ。

はっきり言って、俺はもっと稼ぎたい。

会社への悪口はほぼなく、

スキル0の俺を雇用してくれたことにはもちろん感謝している。

でも、もっと稼ぎたい。

けれど用もないのに残業するのは嫌だ。

俺はそういうせせこましい人間にはなりたくない。

「せこせこ人間」は嫌なのである。

 

とすれば、収入を上げる方法は会社以外しかない。

株式投資やFXか、ブログである。

 

まさにこれから、賃金格差はどんどん拡がっていく感じがする。

俺の場合、これから10年働いて40歳になっても、年収500万にいかない。

月給が、入社して10年経っても10万昇給しない。

 

これからきちんと考えないといけない。

本業以外でお金を稼ぐ方法を。

なぜか?

ただ平凡に生きたい。

その願いさえ維持することが難しい時代がきっと来る気がするから。

10年後、月給20万近辺で人並みの生活が出来ているだろうか?

そのとき、世界の発展途上国はかなり発展していると思うから、

もう海外労働による賃金格差では、日本はやっていけないと思う。

だから、これから

ありとあらゆる物の値段やサービスが2~3倍になっているだろうと想定して、

人生設計していく必要があるんじゃないだろうか?

 

そのためにはまず、心身の安定が大事だと思う。

そして無職や万が一の場合の最低限の貯金。

それ以外のお金は、すべて自己投資と経験に回す。

そうして「生きる力」を付けていくことが俺に合っていそうである。

 

生きる力とはうつ病などで自殺しない力とも言える。

いざという時、誰かに頼れる力とも言える。

つまり、もうだめだと思っても死んではいけないということです。

 

ということで、生きましょう。