俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

【俺の仲間が増えた!】もはや今年最高の映画「ダンケルク」の監督はメアドも携帯も持たない。

今日も役場からこんにちは。

 

週末、ダンケルクという戦争映画を観てきた。

感想はというと、「もう一度観れる」の一言。

 

俺自身、二回観たいと思える映画はめったに存在しないが、

ダンケルクは良かった。

また見に行こうと思う。

 

今日はこの映画の監督のことでちょっと気になった情報があったの

でブログを更新することにした。

 

それは何かというと、クリストファー・ノーラン

という監督は携帯もメアドも持っていないのだ。

 

これはどう考えても、俺の仲間が一人増えたとしか考えられない。

デジタルツールより、リアルにおいてこそ、

人間の創造性や感性は磨かれる。

 

こう思う人間が俺以外にも存在したのだ。

 

頼もしいではないか諸君!!

やはり俺のネット依存克服マニュアルは間違いではなかった。

 

現代は便利さが過剰に溢れかえる世界。

しかし、便利過ぎる環境が合わない人間もいる。

 

スマホやネットに依存してしまい、

膨大な無駄な時間を浪費してしまう俺のように、

デジタルツールを自己管理・制御できない人間がいる。

 

ノーラン監督もきっとそう感じているからこそ、

デジタル社会と適切な距離をとることにしているのだ。

 

俺は間違っていなかった。

これからそういう人がもっと増えてくれると心強い。

 

自分がデジタルツールに呑まれるタイプの人間だと直感するなら、

さっさと自宅のネットなど解約してしまおう。

(どうせ多くの人が見ているのは、

いかがわしいサイトかチャットやゲームサイトか

質問掲示板かyoutubeぐらいだろ!?)

 

自宅にネットがないだけで、日常の生活スタイルは大きく改善する。

ネット通販や趣味のサイトを見たいときは

無料Wifiスポットのある公共施設などに足を

運べばいいだけ。

 

そういうところだと人目もあるし、

目標を絞ったネットの利用ができる。

株式投資の売り買いだってそういう所でできるんだぜ!

 

そう考えたら、自宅でネット回線費用を払うのがバカバカしいだろ!?

 

ぜひあなたも、俺とノーラン監督の仲間になろうじゃないか!

 

ノーラン万歳!ダンケルク万歳!

俺のブログ万歳!

 

ではこの辺で!

(記事作成時間35分)