俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

【絶望の淵から立ち上がった賢者級の知恵】ネット依存ほぼ克服マニュアル14

こんにちは。5月の心地よい夕暮れ時、

一年で最も過ごしやすく、気分も爽快なこの季節に

今日の記事を書けることを幸福に思います。

 

以下、賢者級の知恵をここに示しておきます。

おそらく日本語で書かれたサイトの中では

私が初めてだろうと思います。

 

では早速ですが、

「セーフモード」を起動不可にする設定を紹介していきます。

この設定をすると

①セーフモード 

➁セーフモードとネットワーク

③セーフモードとコマンドプロンプト

すべての起動と実行ができなくなります。

一度設定するともう後戻りはできなくなるので、

パソコンの調子が悪くなった場合は再セットアップするしか

方法はありません。まさに背水の陣です。

 

その点を認識したうえで実行してください。

「ここまでやらなくても」と思うかもしれませんが、

ネット制限をモノにするには避けては通れない魔の谷です。

ネットと適切に関わり、充実した生活を本当に取り戻したい

私は断腸の思いで実行しました。

 

「あれっ気づいたらもう5時間も経ってた!俺は今日一日何してたんだろう・・・」

なんて日々はもう送りたくないのです。

そんな日が続くなら、どれだけ情報社会に乗り遅れてもいいから、

ネット制限するか、ネットを捨てるかしたほうがよっぽどマシです。

 

以下、長くなりますが、賢者になりたい方だけお付き合いください。

なお、以下の手順はすべて「セーフモード」にて行ってください。

 

【セーフモード機能を実行不可にする】

①まずセーフモードで以下のファイルを辿り、

グループポリシーエディタ(以下、ポリシー)を開きます。

 

コンピューター→ローカルディスク→Windows→System32→gpedit

 

f:id:for-sence:20170520173850p:plain

 

➁ポリシーに入ったらレジストリ編集を有効に戻す。

レジストリエディタへのアクセスを制限する 

 

③レジストリエディタにてセーフモードの機能を司っている

レジストリを片っ端から削除していく。

 

レジストリエディタをファイルの場所から起動する。

コンピューター→ローカルディスク→Windows→regedit

f:id:for-sence:20170520174903p:plain

 

Windowsセーフモード起動を禁止する方法 【OKWAVE】

レジストリを起動したら、上記の回答に説明されている

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SafeBoot

のMinimalとNetworkというキーに移動する。

f:id:for-sence:20170520175035p:plain

 

そして、この2つの項目の中の小項目を一つずつ削除していくのですが、

管理者権限の変更がないと削除できませんので面倒です。

 

④レジストリの管理者権限を変更して、一つずつ削除していく。

念押しですが、以下を実行するとセーフモードでの起動は今後一切

不可能になるので注意してください。

 

レジストリのアクセス権を変更する 

上記のサイトを参考にして、MinimalとNetworkの小項目を

削除していってください。

私の場合ですが、ランダムに削除しながらセーフモードが起動するか

確認していたので、すべて削除しないうちにセーフモードが起動不可に

なりました。

なので、すべて削除する必要はありませんが、Minimalの小項目は

全て削除してもセーフモードが生き残っていたので、

全部削除してください。

なお、削除しても自動復活する項目がありますが気にしなくも大丈夫です。

それらが復活してもセーフモードの復活はしませんでしたので。

 

以上の処理をすると、セーフモードが実行できなくなります。

 

(たぶん)これでネット制限の悪魔を退治できますが、

最後に細かい設定があるのでパソねむを再設定しなければなりません。

そこでパソねむのパスワードが必要になってくるのですが、

紙パズルを完成させなくても、今回は簡単に取得できます。

 

 

その前に、いったん一休みしましょう。

次回に続きます。