ネット依存ほぼ克服マニュアル+俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

【無念!ネット制限日数リセット!】だがソロモンよ、私は帰ってきたぁぁぁ!!

なんと今日、ネット制限に失敗した!

原因はパソコンのセーフモードである。

今日私は朝の4:30から穏やかにネットサーフィンをしていた。

しかし!パソネムが起動してパソコンが強制終了画面に

なってしまった。

そこには「時刻が変更されたままです」との文字があった。

 

パソねむには「時計」という項目があり、

その中の「時刻が修正されたらPCを使用不可にする」

という項目を私はONにしていた。

しかし、先週の土曜日から一度もPCはいじっていない。

でも、なぜかパソねむが時刻修正を認識し、PCを強制終了し出したのである。

 

そこでPCをセーフモードで立ち上げたのだが、それがまずかった。

私はパソねむの誤動作の原因を知るため、セーフモードを使用し、

セーフモードではネット接続はできないと思っていた。

 

けれどセーフモードにも3種類あったのである。

①セーフモード

→このモードはネット接続ができない。

②セーフモードとネットワーク

→ネットができる。しかもパソねむが起動しない状態で!

③セーフモードとコマンドプロンプト

→PCの専門的知識を有する上級者レベルのモードであり、

ネット依存の私には関係ない。

 

私は今日始めて上記の➁のモードを知り、

しかもそのモードではパソねむが自動起動しないことを知った。

・・・とすると、俺がどうなったかは読者の想像通りである!

なんと俺は朝の4:30から今まで(16:30)ずっと飲み食いせず、

12時間もネットサーフィンをしていたのだ!

 地球上のどこに浜辺で12時間もサーフィンをするアホがいるだろうか!

 

まったく俺はアホだ!アホなのだ!

完全な重症レベルのネット依存症者だ!

 

でも大丈夫さ。俺は自分を過剰に責めない。

これからネットと適切な関係を築くと誓ったのだ!

 

ネットを制して俺は彼女を作るんだ!

ネットを制して俺はプラモや読書や自然散策を楽しむんだ!

現実の世界を味わうんだ!

 

もちろんネットに費やされた膨大な時間はもう戻ってこない。

けれどここで諦めてなるものかと思った。

現に今日成功すれば14日目達成だった。

きっと俺はネットサーフィンの女神に試されているのだ!

 

「あなたは私を乗りこなすことができるかしら?」

 

きっとそう言われている気がした。

 

俺は朝から今まで、ただネットサーフィンに溺れていたわけではない。

途中、下半身を鼓舞するサイトで精気を奪い取られていたが、

そのままで終わる俺ではない。

セーフモード攻略のために、いくつものサイトを読み漁り、

マイクロソフトの社員にチャットで相談し、2chにも書き込んだ。

 

そう、俺はセーフモードの悪魔と戦っていた。

「セーフモードとネットワーク」モードを攻略せずしてネット制限生活はない。

どれだけ通常起動してネット制限しても、セーフモードの誘惑がある限り、

俺は解約する以外ネット依存から抜けられない。

 

このモードにはパソねむが通用しない。

ネット依存を克服する三種の神器の一つである、

パソコンねむねむProが自動起動しないのだ。

 

このパソねむはネット制限ソフトの要と言ってもよく、

先の世界大戦で言うなら、

ロシアとドイツの攻防であるスターリングラードや

日本の命運を分けたミッドウェー海戦にたとえることができる。

 

まさにパソねむとは天候を司る太陽神であり、

すべてのネット制限ソフトの故郷ともいうべき空母的な存在なのだ。

 

そのソフトが完全に敗北したのだ。

 

俺は万事尽きたと思った。

もうネット制限生活は諦めようと思った。

ネットを解約して、完全にこの世界から足を洗うしか手がないと思った。

 

しかしである!

真の賢者は一度死んで再び蘇るのだ。

賢者は絶望を通してのみ賢者になれる。

 

賢者はこの絶望の中においてこそ、光り輝く知恵を手にすることができる。

 

次の記事でその知恵を伝える。

俺のこのブログが後世への最大遺物か最低異物になりえるかは、

この知恵にすべてがかかっている。

 

では最後に、今日を記念にこのセリフを叫んで結びとしたい!

 

ソロモンよ、私は帰ってきたぁ!!!

f:id:for-sence:20170520171043p:plain

 

※なお、重要なことを書き忘れていたが、

三種類すべてのセーフモードにおいてiフィルターは機能していた。

さずがiフィルター!情報業界最高の浄水場的役目をしてくれる、

まさにゴミ情報ろ過装置だ!