ネット依存ほぼ克服マニュアル+俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

ネット依存ほぼ脱出マニュアル5

では具体的な手順説明に行きます。

ここからは私が実際に使用している

iフィルターとパソコンねむねむについての設定を紹介していきます。

 

難しいものではないので安心してください。

コピペができれば誰でも出来ます。

 

まずiフィルターから説明していきます。

iフィルターとはデジタルアーツという東証一部上場企業が

販売しているネット制限ソフトのことです。

このソフトは学校や市役所などの公的機関でも採用されており、

フィルタリングソフトとしてはかなり優れていると思います。

 

このソフトを購入してもう一年間ほどになりますが、

なかなかうまく制限できませんでした。

それはひとえにネット制限環境の構築が甘かったからです。

このソフトはログインする際にパスワードが必要ですが、

一人暮らしの人間にはそれは意味がなかった。

(面倒くさいからですます調終了。)

だから私は制限をかけても、パスワードを解除してしまい、

ネットサーフィンに溺れていた。

 

しかし私は自分を過剰に責めない。

ネットは物理的な誘惑が強すぎるから、ネットにもその責任はあるのだ。

 

ネット依存になる人間が弱いとか覚悟がないとか、まあそんなことは

どうでもいいかな。とりあえず機能面を紹介していこう。

 

1:インターネットタイマー

これは文字通り一日のうちでネット接続可能な時間帯のことであり、

時間帯とは別に、一日の使用時間で制限することも可能である。

例えば、私の場合はこんな感じで、ネット接続可能なのは水曜日と土曜日だけで、

週に合計4時間だけである。株の軍資金が出来たら、もう少し曜日を増やすか

もしれないが、今年一年はこれ以上いじらないことにした。

この機能をオンにすればどんなブラウザでもネット接続は制限される。

グーグルやインターネットエクスプローラーはもちろん、

Win10のマイクロソフトエッジも接続不可能となる。

f:id:for-sence:20170422204944p:plain