俺の言葉のゆりかご

ネット制限によってワクワクを取り戻す!

脱ネット・スマホに向けての第一歩は、自分がネット・スマホを使いこなす適正があるかどうかをまず知ることから。チェックシート付き。

もうじき今年も終わりますが、

来年から脱ネット・スマホを目指す方は、まず自分がネット依存症かどうかよりも、

ネットを適切に使いこなすスキルが自分にあるかどうかを知る必要があります。

 

ネット上では、自分のネット依存度を調べるための「ネット依存症テスト」

なるものがいくつかありますが、

自分がネットを使いこなすスキルがあるかどうかを調べるテストはありません。

 

だから、私がここに公開することにしました。

このチェックシートの設問は、

私が重度のネット依存であったときに行っていた行為です。

ネット依存重症者の実際の経験に基づくものです。

なので、かなりの確実性をもって自分のネット適性が分かると思います。

 

以下の設問に3つ以上(膨大な時間を浪費したり、心身を消耗しているなら

2つでも可当てはまるものがあれば、

あなたにはットが常にある環境は向いていません。

今すぐにネットとの関係性を見直し、

携帯をガラケーにしたり、自宅のネットを解約するか、

ネット制限したほうがいいです。

 

では、どうぞ。

 

①起床後、就寝前、帰宅したとき、会社の休憩時間、待ち合わせ、一人でいるとき、

学校・会社の休日、街中などで周りの人に孤独だと思われたくないとき、

ぼーっとしていることに耐えられない、もしくは「何もしていない姿」を他人に

見られたくないときなどにネット・スマホをいじってしまう。

 

②ネットを始めると、目的以外の情報をいつの間にか検索している。

そしてダラダラと時間が過ぎている。

 

③ネットサーフィンをしている割には、世界の情勢や現代の流行・テクノロジーに

大して詳しくない。膨大な時間をネットに費やしているにも関わらず、

何の知識も教養もついていない。常に受け身で浅い情報を漁っているだけ。

 

④他人のSNSやブログを見ては感情(他人と比較して嫉妬・不安が沸いてくるなど)

を揺さぶられ消耗している。

 

⑤チャットサイト、2chまとめ、残酷で気持ち悪いサイト、youtube、

いかがわしいサイト、質問掲示板などを見て、数(数十)時間経ち、

やめた後に強い虚無感と自責感に襲われる。

 

⑥自己啓発関連の情報ばかり見て、高揚して自分は特別だと思い込み、

「不労所得」を夢見て情報商材に手を付けそうになったり、

現に手をつけてしまったことがある。

 

⑦ネットの向こうの見知らぬ他人が、自分のさみしさや孤独を埋めることが

できると本当に思っている。見知らぬ他人とチャットなどをし続けると、

いつかは充実した人生が手に入るとどこかで期待している。

ネットの向こうの誰かが自分を変えてくれる、救ってくれると期待している。

 

⑧ありのままの自分でいられる世界がネットしかない。

 

⑨一日中ネットサーフィンをし続けたあと、

頭の中に情報のゴミが溜まっている感じがする。

心のどこかで「ネットやめたい!!」という叫び声がする。

 

⑩ネット・スマホを使い始めてから、数年たっても自分に変化がない。

何一つ自分の殻が壊れていない。

ネットを通じて経済力・知力・他人との出会いなど何一つ変化していない。

 

いかがでしたでしょうか?

私もずいぶんネット依存に苦しみ、膨大な時間を無駄にしてきましたが、

このチェックシートが誰か一人の現実を変えるきっかけになれば

こんなにうれしいことはありません。

年内にじっくりと自分とネットとの関係性を見直してみてください。

 

最後に付言すれば、ネットに向いていない人はネット環境が常時ないほうが

充実した人生を送れます。